前へ
次へ

離婚問題の取り決めの難しさを考えよう

離婚問題では、一度取り決めた内容を変更するのが一般の方には難しく捉えられています。
特に、見通しを立てたはずの養育費であればなおさらです。
しかし、子供は成長します。
協議離婚では、そもそもの取り決めた額が少ない場合もあります。
長期にわたる養育費の受け取り、社会情勢、物価水準の変化に伴い、変更できなければ理不尽でしょう。
もちろん、事情により養育費の増減請求は可能です。
その事情としては、子に限定できます。
親として喜ばしい進学による教育費の増加であったり、不安である病気や事故などによる医療費の増加です。
また、その子供の親権者であったり、監護者の事情にも配慮されています。
勤務先の倒産、病気など、やむを得ず収入が見込めない場合です。
離婚問題では、片側の事情だけを採用できません。
ですから、支払う側の事情も考慮しなければなりません。
例えば、養育費を決めた時点よりも収入増でなければ支払いの継続も困難になりうるでしょう。
ちなみに、受け取る側が収入増となる安定を得た時には、支払う側の減額請求も可能です。

Page Top