前へ
次へ

事情変更などの離婚問題

離婚問題が生じた場合には、離婚弁護士、家庭裁判所などが解決させてくれます。
認定、否認、様々な事情があるために、一概に離婚問題がすんなり解決できるとは限りませんが、それでも親権問題の場合には子のことを最優先することが多いようです。
しかし中には、調停、公正証書の効力がある中でも、事情変更を理由に養育費の増額ではなく減額変更した裁判もあります。
業績不振から支払いが滞納、借金までしてしまった例です。
調査官が調査をし、生活保護基準で算出します。
生活状態がどれだけ大きく変化したのか明確であれば、養育費の減額はやむを得ないとして減額変更が認められます。
公正証書による合意があれば、通常は軽々に変更ができません。
しかし当時、双方が再婚し、再婚相手と子が養子縁組をするなどの事実を現実問題として予想はしていないはずです。
こうした事情変更ならば、認可される可能性大です。
子との暮らしの離婚問題では、養育費が長期間継続することを考慮し、内容を修正しなければなりません。
しかし、減額範囲も収支や生活状況に応じて算出します。
養子縁組しているので、例えば、入学や病気以外の特別出費については、養父が考慮するのは筋違いである判決で、父親の負担を免除することもあります。

Page Top